1人でのトレーニングについて

こんにちは!

パーソナルトレーニングジムTop Works-Body茨木店の長野凌です。

暑い日から一転、一気に冷え込んできました。

皆さま体調を崩さないように万全の準備を整えていきましょう!

さて本日は、1人でのトレーニングについてお話しさせていただきます。

目次

・重量設定について

・トレーニングのボリュームについて

・トレーニングが上達する

 

・重量設定について

追い込めないので1人ではトレーニングできないとよく耳にします。

その考えには出来る限り高重量でギリギリまで追い込まないといけない、という考えがあるのではないでしょうか。

あるとすれば、決してそんなことはありません。

トレーニングというのは、重さや追い込むことが全てではありません。

低重量で行うことにより、フォームを意識しやすくなるためフォーム習得の練習にますし狙っている筋肉に効かせやすくなります。

高重量になればなるほどフォームが崩れやすいため狙っている筋肉に効かせにくくなりますし怪我のリスクも高まります。

 

 

・トレーニングのボリュームについて

低負荷であれば、大したトレーニングにならないのではないかと考える方もいるかと思います。

狙っている筋肉に効かせることができれば、十分なトレーニングになるだけでなく疲労度を抑えることができます。

効かせることを意識して疲労を抑えることにより、その分色々な部位をトレーニングしたり、違う日に違う部位のトレーニングをするなどボリュームを増やすことができます。

・トレーニングが上達する

トレーニングが上手な方は、筋肉に効かせるのが上手だと考えます。

低負荷で使う筋肉を意識し効かせることができるようになればトレーニングの質は格段に上がるはずです。

いつもバーベルやダンベルを使った種目を行う方や効かせられないという方はマシンを使ってみるといいかもしれません。

マシンであれば、身体のどこかが固定され効かせたい筋肉だけを使うことができますし怪我のリスクも抑えることができます。

 

 

トレーニングだからといってギリギリまで追い込む必要はありません。

ダイエットや引き締めに大事なことは適度なトレーニングでも構いませんので続けることです。

これが1人でのトレーニングのきっかけになれば嬉しく思います。

 

 

-全ての人の心と身体に「健康・成長・美しさを」-

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニングジムTop Works-Body