ネガティブワーク

こんばんは! Top Works-Body宝塚店 パーソナルトレーナーの西島侑希です。 本日8月6日は、宝塚市制60周年・宝塚歌劇団100周年・手塚治虫記念館20周年というトリプル周年の花火大会です。福岡から宝塚へ来て初めての花火。そして今年初めての花火となりましたが・・・ジムから一人眺めております。   写真 2014-08-06 20 21 23 ジムから見る花火も意外に悪くないですよ!!一気に疲れが吹き飛びました!! 今日はWorkout Wednesday(ワークアウト)についてです。 以前、筋収縮について記載をさせて頂きましたが、その中から伸張性筋収縮(エキセントリック・コントラクション)について記載させて頂きます。 写真 2014-07-07 21 27 29 筋肉が伸ばされながら力を発揮するネガティブワークは、筋肉の微細損傷を誘発しやすい動作です。そしてこの筋肉の微細損傷は筋肥大を促す重要な要素の一つです。 ベンチプレスならば2秒で挙げ3秒かけてじっくり下ろす。といった感じです。 yjimage ネガティブワークは、筋肉を短縮して力を発揮する短縮性筋収縮よりも2〜3割程度強い力を発揮することができます。通常のトレーニングではネガティブワークは十分な強度では追い込めていないことになります。そこでネガティブワークにも十分な負荷をかけて行う方法をネガティブトレーニングといいます。 方法はいくつかあり、ポジティブワークを補助者に手伝ってもらいながら行う方法や、その逆のポジティブワークを自力で行い、ネガティブワークで補助者に手伝ってもらう方法があります。 ウエイトトレーニングで効率よく効果を出せるよう「伸張性収縮」「ゆっくり」を意識して行いましょう!!   HP topworks-body.com  
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です