夏バテに効く食材

こんにちは!

Top Works-Body西宮北口店パーソナルトレーナーの稲森克尚です。

 

 

夏になると、そうめんやざるそばなどの冷たい麺類で食事を済ませる人も多いと思います。ですが麺類しか食べ

 

ていないと、エネルギー不足になってしまい、体がだるい…夏バテかも…なんてことになりかねません。

 

そうならないためにも、麺類と合わせて食べたい夏バテ回避食材を覚えておきましょう!

 

ビタミンB1やB2を含む食材

 

 

ビタミンB1やB2は麺類に多く含まれる炭水化物をエネルギーに代える働きをしてくれます。

 

そんなビタミンB1、B2を多く含む食材は豚肉うなぎ納豆や豆腐などの大豆製品枝豆などです。とくに

 

豚肉は、ビタミンB1の宝庫なので、夏バテ予防に最適な食品です。

 

クエン酸を含む食材

 

 

クエン酸も炭水化物をエネルギーに代えてくれるもの。

 

オレンジやレモンなどの柑橘類梅干しなどに多く含まれます。

 

タンパク質を含む食材

 

 

胃腸が弱っていたり食欲がないと、メインのおかず(主菜)を食べる気にならないこともありますよね。

 

しかし、メインのおかずにはタンパク質が豊富なことが多いので、夏バテ対策のためにもぜひ食べたいもの。

 

なぜならタンパク質には筋肉疲労を解消させたり、身体の持久力をアップさせたりする働きがあるからです。

 

そのほか、体力の温存効果もあるタンパク質は、逆に不足すると疲れやすくなったり、貧血気味になったりして

 

しまうことも。

 

「夏バテ気味かな…」と感じた時こそ、意識的にタンパク質を摂るようにしましょう!

 

 

これらの三つを含む食材を夏にしっかり摂ることを意識してこの暑い夏を乗り越えましょう!!

 

 

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代とお客様の心と身体を最高の状態に導けるようにサポートいたします。


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − two =