水分補給!

こんにちわ Top Works-Body福岡店パーソナルトレーナーの青木玄太です。 yjimage2 梅雨にはいり、蒸し暑さがましていますね。 運動をされている方は勿論、運動を現在されていない方も汗をかきやすくなっていると思います。 人間の肉体は60%以上が「水」でり、筋肉に限っていえば、70%を水が占めています。   それが足りなくなると、どうなるかについて記載したいと思います。 yjimage3 脱水の影響 体内の水分が減ると、血液の量が減る。また汗の量も減る。汗の量が減ると、体温が上がりやすくなるため、皮膚の血流を増やして冷却効果を得ようとする。全体の血流量が減った状態で皮膚への血流が増えると、心臓への血流は少なくなる。 血流が滞れば、酸素や栄養素の運搬もスムーズにいかなくなるため、パフォーマンスは低下します。 また体温が高くなりすぎると酵素の活性も低下するため、代謝も滞ります。 一般的に、体重の1%の水が失われるとパフォーマンスの低下が起こり始め、 2%が失われた時点で喉の渇きを覚え始めます。 そして3%以上が失われると、パフォーマンスの低下を自覚できるようになり、集中力の低下も起こるんです。 脱水によりパフォーマンスが低下するだけではなく、ACTHやコルチゾールなどのストレスホルモンが分泌されたり酸化ストレスが増加したりなど、さまざまなダメージが起こり得るのが現状です。 接種のタイミングは、喉が渇きはじめた時は、もう遅いと思ってください。 できれば運動前にある程度の水分を補給し、身体を十分に潤しておきたい。 そして運動中も水分を小まめに摂取することを心がけるとパフォーマンス低下もふせげます。 yjimage2 ◎タンパク質の必要性 人間のエネルギーになるのは糖質と脂質だけではなく。 実はアミノ酸(タンパク質)もエネルギー源となります。 ベテランの競輪選手を見た場合、「糖質のみ」を与えた群に比べ、「糖質+プロテイン」を与えた群のほうが29%~40%も自転車を長く漕ぎ続けることができ、また運動後の筋損傷の割合を83%も低く抑えることができたという結果が出ています。 運動時に水分を補給することは、もはや常識です。 しかしそれは「パフォーマンスの低下を抑える」というだけの消極的なアプローチだけと思われがちですが、そうではなく、「パフォーマンスの最大化を求める」というポジティブなアプローチが必要だとおもいます。「ただの水」ではなく、さらに糖質や電解質、タンパク質を加えたドリンクを飲む事をお勧め致します。 2 せっかくの大切なトレーニング時間を最大限に生かして 夏を乗り切る身体作りをしていきましょう!!     HP www.topworks-body.com   Top Works-Body 神戸北野本店 スクリーンショット 2014-04-26 2.04.24   Top Works-Body福岡天神店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.02 Top Works-Body神戸元町店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.20 Top Works-Body宝塚店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.45  
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です