疲れの原因

Top Works-Body宝塚店パーソナルトレーナーの西島侑希です。 昨日までの気温と打って変わって一段と寒くなりましたね。 今年は宝塚での初めての冬です!実家のある熊本や、2年間過ごした福岡と違ってこっちは寒い・・・なと感じます。 冬が苦手なので重ね着をたくさんして寒さを凌ぎたいと思います。 今日は「疲れ」について記載していきます! 普段何気なくしている呼吸ですが、実は無意識のうちに全然呼吸をしていなかったり、浅い呼吸のせいで疲れが出る場合があります。最近疲れやすさを感じていたら、少し意識して呼吸をすることは生命維持にも欠かせないことです。 呼吸が浅い原因として、ストレスや疲れで、人間は呼吸が浅くなりがちです。何かに夢中になったり、力が入っていても無呼吸になり酸素が欠乏した状態にもなります。1 特にストレスに関しては、イライラしたり不安になったりすることで、しっかりと大きく呼吸することを忘れてしまいます。肩で呼吸してしまうので、力も入りやすく、姿勢も悪くなってきてしまいます。 また脳へ酸素が行き渡らなくなり、集中力の低下や自律神経にも影響を及ぼし、酸素が体内に回らないことで、動機や息切れなど余計に疲れを倍増させることにも繋がります。 普段から大きく呼吸をすることは、体内へたくさんの酸素を行き渡らせ、気持ちをリフレッシュさせ、脳の活性化にも繋がるので、仕事で疲れたきたなと感じたら、まずは大きく深呼吸をしてみましょう!写真 2014-09-19 20 18 44 深呼吸もお腹にしっかりと酸素を溜め込むように吸い込み、お腹から押し出すように吐き出します。 腹式呼吸を何度か続けるだけでも、身体も脳もスッキリとしてきます。 リラックス効果も高く、イライラした時なんかにも効果的です!  
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です