アミノ酸とタンパク質

Top Works-body福岡天神店 パーソナルトレーナーの森宗 学です。 本日はFoodについて記載させて頂きます。 アミノ酸はタンパク質とどう違うの?という事で、アミノ酸とはタンパク質を構成している最小単位の物質です。アミノ酸が繋がってタンパク質が作られます。逆にタンパク質が分解されるとアミノ酸になります。トレーニング中や、その後に飲むプロテインも最終的にはアミノ酸になって吸収されます。アミノ酸は20種類のアミノ酸でタンパク質は構成されています。 yjimage これでタンパク質=アミノ酸という感じになってきますが、アミノ酸はタンパク質を構成する以外にもいろんな特長をもっています。例えば、アルギニンは血管を大きく拡張させたり、リジンは成長ホルモンの分泌を促したりしてくれます。また、20種類のアミノ酸以外にも、瞬発力をアップさせてくれるクレアチン、脂肪の燃焼に関与するLカルニチンなどです。ちなみにタンパク質を構成するアミノ酸が20種類でアミノ酸といわれるものは約500種類もあります。 yjimage2 そして、20種類のアミノ酸のうち、体内で合成することができない9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。これは体内で合成されないので食事により摂取しなければなりません。ボディメイクでも筋肉づくりにおいてもこのアミノ酸は必要です。 yjimage4 その他にうま味や甘味料の成分となるアミノ酸や胃粘膜の生成といった生理機能を持つアミノ酸もあり、ボディメイク以外にも様々なところでアミノ酸は活用されているのです。   HP www.topworks-body.com   Top Works-Body 神戸北野本店 スクリーンショット 2014-04-26 2.04.24 Top Works-Body福岡天神店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.02 Top Works-Body神戸元町店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.20 Top Works-Body宝塚店 スクリーンショット 2014-04-26 2.05.45  
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です