夏の旬な食材

こんにちは。

Top Works-Body千葉柏店パーソナルトレーナーの荒井です。

関東は梅雨入り目前ですが、夏に向けてダイエットなどのボディメイクをされている方は多くいらっしゃるかと思います。

そこで、少し早いですが、夏の旬な食材をいくつかご紹介させて頂きます。

 

「ピーマン」

ピーマン には、カロテン、ビタミA、ビタミンCが豊富です。ビタミンCは調理によって壊れやすいのが難点ですが、ピーマンは組織が強いため、壊れにくく、安心して炒めて食べられます。油と一緒に摂取することで吸収力が高まります。ピーマンに含まれる栄養素は新陳代謝を高めるので、脂肪の燃焼を促進させる効果があります。
より青々とした色のピーマンほど効果は期待できます。

「オクラ」

オクラに含まれるペクチンという水溶性食物繊維は、カラダの糖の吸収をなだらかにしてくれます。更にペクチンには中性脂肪の生成を抑える効果もあり、体脂肪を出来にくくしてくれます。特に炭水化物が好きな方には、一緒に摂取することで太らない効果が期待できる食材です。

「きゅうり」

キュウリには、夏場、汗をかいて不足しがちな水分とカリウムが多く含まれています。
キュウリにはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますが、酢にその酵素の働きを抑える作用があるので、酢の物で食べれば効率よくビタミンCも取れます。また、きゅうりには脂質分解に最も適している酵素「ホスホリパーゼ」という酵素が含まれています。

 

                          

 

「アジ」

あじは家庭でよく食べられる魚のナンバー1。たんぱく質、脂肪、ビタミン、カルシウムなどすべての栄養素がバランスよく含まれています。脂質は多い方ではありませんが、EPAやDHAは豊富です。血液中の悪玉コレステロールを除去したり、血栓を防ぐとともに脳を活発化させる働きがあるので、お年寄りの認知症防止にも効果的。歯・骨の形成・骨粗しょう症の予防に欠かせないカルシウムの成分値も高く、特にくさやに100g中890mgと豊富に含まれています。

「モロヘイヤ」

7~9月と夏に旬を迎える食材です。野菜の王様と言われるほど優秀な栄養が含まれています。

モロヘイヤは、胃腸の働きを高めるムチンを含むことから、胃腸の働きが低下しやすい夏にはピッタリの野菜です。その他にもβ-カロテン量も豊富なうえ、ビタミンやミネラルの種類も量も多く、疲労回復やドライアイの予防にも役立ちます。

「枝豆」

冷凍などで通年食べられますが、夏の6~9月が旬の食材です。この時期は枝付きの枝豆が店頭に並び、冷凍とは比にならないほどのおいしい枝豆をいただけます。疲労を回復するビタミンB1に加え、タンパク質が二日酔の防止に効果的です

 

以上、いくつかご紹介させて頂きましたが、旬な食材を楽しみながらボディメイクをすると、より楽しくなります!!是非、ご賞味ください!

 

−すべての人の心と身体に「健康・成長・美しさ」を−

Top Works-Bodyは、パーソナルトレーニングを通じて、あらゆる世代のお客様の心と身体を最高の状態に導けるようサポートいたします。


パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × 3 =