4−7−8の法則

Top Works-Body宝塚店 パーソナルトレーナーの西島侑希です。 今日は「みどりの日」です! みなさんGWはいかがお過ごしでしょうか? この時期はどこに行っても人が多いように感じます。 日中の気温も一気に上がり、冬から春を通り越して夏になった感じですね〜 もう半袖で十分です。 今日は安眠や緊張した時に使える呼吸法について記載させていただきます。 ゆっくりと息を吸い吐き出すことで、筋肉の緊張がとけ、身体の疲れやダメージを回復する方向へと向かわせる副交換神経のスイッチが入ります。この吸って吐いての繰り返しで、身体をリラックスさせることが大前提です。 yjimage その方法とは・・・「4−7−8の深呼吸」 1 口から完全に息を吐き出す 2 口を閉じ、鼻から4秒間吸い込む 3 息を7秒間止める 4 8秒かけてゆっくりと口から息を吐き出す images この方法で4回以上繰り返すことで、心身のリラックスが得られます。ただ、この秒数はあくまでも目安にしてください。 呼吸に無理がない程度に心地よいリズムで行うと良いです。 酸素が正常に血液をめぐる手助けをしてくれるので、心拍数も穏やかになり、中枢神経に働きかけてリラックス状態になり、精神のバランスを安定させます。 寝る前以外にも、緊張をほぐしたい時、例えば重要な会議やプレゼン前にも効果を発揮します。 今日からでも使える呼吸法なので、まずは寝る前に試してみてください!!      
パーソナルトレーニング専門ジム|Top Works-Body

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です